1泊キャンプでもインが早くてアウトが遅い30時間滞在の満足キャンプ

格安キャンプ場,おしゃれキャンプ用品

週末1泊キャンプを楽しんでいると、追加料金などを払わなくても、チェックインが早くて、チェックアウト時間が遅い

キャンプ場での滞在時間を、少しでも長く、ゆっくりのんびりとした、キャンプを楽しませてくれる、キャンプ場は嬉しいですよね^ ^

わが家は、一年中キャンプやアウトドアアクティビティを、ファミリーで週末に楽しんでいます。

1泊キャンプでもインが早くてアウトが遅い30時間滞在の満足キャンプ

1泊キャンプでもインが早くてアウトが遅い30時間滞在の満足キャンプ

キャンプ場で過ごす滞在時間がながくて、おまけに歩いて行ける、広いお風呂もあるキャンプ場でしたので、週末1泊のキャンプでも、大満足なキャンプを楽しむことができました^ ^

グリーンパーク尾瀬戸倉でキャンプ

今回、ロングステイのキャンプを楽しませてくれたキャンプ場は、群馬県利根郡片品村にあります、グリーンパーク尾瀬戸倉キャンプ場です。

グリーンパーク尾瀬戸倉でキャンプを楽しんできた

道路を挟んで、向かい側はスキー場になっています。

グリーンパーク尾瀬戸倉キャンプ場のインとアウトの時間

通常のチェックインは10時で、チェックアウトは翌日16時です。

週末1泊しかできないキャンプでも、滞在時間が長いので、かなり満足度が高いですよね。

連休や夏休みなどの繁忙期は、利用時間が通常時と異なり、チェックインが12時で、チェックアウトが11時となります。

なので、利用される日が、繁忙期なのか、通常期なのかで滞在時間が、かなり変わりますので、確認をしてくださいね。

わが家が利用した時は、繁忙期ではなかったので、ロングステイなキャンプが楽しめました^ ^

グリーンパーク尾瀬戸倉キャンプ場サイト情報

区画オートサイト

区画サイトは、全部で14区画あります。

どのサイトにも、電源がついています。

グリーンパーク尾瀬戸倉の電源付き区画サイト

場内は、炊事場を真ん中に挟んで、上段サイトと下段サイトのような感じになります。

こちらのオートサイトは、自分の利用するサイト内に、車をとめるのではなく、サイトの前に車をとめます。

マジックで書いたような感じで、各サイトの車が止まっていました。

グリーンパーク尾瀬戸倉のサイト図駐車スペース

上段サイト

上段にある1番サイトは、グループで利用ができる、広いサイトでした。

4番サイトと9番サイトは、他のサイトよりも狭いサイトでした。

その他の上段サイトは、狭くもなく広くもなくw

って、感じでしたが、ツールームテントに、タープ張って、余裕のある焚き火スペースの確保は、少々厳しいかもしれません。

グリーンパーク尾瀬戸倉オートサイト

わが家は、ツールームテントの利用ではなく、ふつーのwテントとタープを持って行きましたので、焚き火スペースの確保も、特に問題ありませんでした。

下段サイト

下段には、AサイトからDサイトまでの、4区画ありました。

こちらの下段サイトは、上のサイトに比べると、かなり広く感じました。

今回利用されているサイトには、スノーピークの、ランドロックを張って、サイト内に車をとめているような状況でしたので、かなり広いですよね。

そして、下段サイトの下の方に、川が流れていますので、川の流れる音を聞きながら、キャンプが楽しめますが、川へおりて行くことはできません。

グリーンパーク尾瀬戸倉のAからDサイト

フリーサイト

オートサイトの向かいにあります、スキー場は、シーズンオフには、フリーサイトとして、キャンプが楽しめます。

スキー場を利用しての、サイトなので、傾斜が多くなりますが、入口道路に近い場所は、少し平地でした。

フリーサイトには、炊事場がないので、区画サイトの炊事場を利用するようで、炊事場までの距離がかなりあります。

ブランコつきサイト

グリーンパーク尾瀬戸倉には、サイト内にある木を利用して、ハイジブランコがついている、サイトがありました。

ブランコがついているサイトは、上段のサイトになります。

グループサイト、3番サイト、5番サイト、7番サイト、9番サイトに、それぞれブランコがついている、サイトになっていました。

今回わが家は、ブランコつきのサイトを利用しました。

ハイジブランコは、大人が遊んでも楽しいですよね♪

なので、このブランコつきのサイトでのキャンプを、一番喜んで、楽しんでいたのは

ひなきっこではなく、ひなきですwヾ(°∇°*) オイっ。

今まで、たくさんのキャンプ場で、キャンプをしてきたわが家ですが

利用するサイト内に、ハイジブランコがあるキャンプ場を訪れるのは

おそらく、はじめてのことでしたから、大喜びですよ。アタクシwww

グリーンパーク尾瀬戸倉のブランコつきサイト

ひなきっこと、ブランコの取り合いになったので、仲良く二人で乗りましたw

ひなきパパは、一人で設営頑張っていました(≧ω≦。)プププ

ハイジブランコがあるサイト

区画サイト地面状況

区画オートサイトは、サイトも場内の通路も砂利でした。

グリーンパーク尾瀬戸倉のサイト地面と通路状況

砂利のサイトは、焚き火を楽しんでいる時に、地面への火の粉が飛散するのを、それほど気を使わなくてもよいので、好きです(≧▽≦)

グリーンパーク尾瀬戸倉で楽しんだ焚き火

グリーンパーク尾瀬戸倉の利用料金

グリーンパーク尾瀬戸倉の利用料金は、利用日によって変わります。

グリーンパーク尾瀬戸倉利用料金 No.1区画(グループサイト 車2台6人まで) No.2、3、5、6、7、8、10、A、B、C、D区画(車1台4人まで) No.4、9区画(車1台2人まで) フリーサイト
通常期 12,000円(追加料金1人2,000円) 8,000円(追加料金1人2,000円) 4,000円(追加料金1人2,000円) 繁忙期および週末限定オープン
繁忙期 15,000円(追加料金1人2,500円) 10,000円(追加1人2,500円) 5,000円(追加1人2,500円) 車 1,500円/台
人 500円/人

個人的には、通常期の区画サイト利用でしたら、滞在時間も長いですし、大浴場の入浴料金も含まれているので、それほど高い利用料金ではないように思います。

グリーンパーク尾瀬戸倉キャンプ場施設情報

炊事場

炊事場は、お湯が使えます。

グリーンパーク尾瀬戸倉のお湯がでる炊事場

グリーンパーク尾瀬戸倉の炊事場

ピザ釜もありました。

グリーンパーク尾瀬戸倉にあるピザ釜

トイレ

場内には、トイレがありません(^_^;)

隣接している、尾瀬高原ホテルの中にあるトイレを、24時間利用することが可能です。

グリーンパーク尾瀬戸倉にはトイレがないので隣接する尾瀬高原ホテルの中にあるトイレ

ホテル内のトイレなので、虫もいなくて、きれいなのですが、サイトからホテル内のトイレまで、わりと距離があります。

グリーンパーク尾瀬戸倉のトイレ個室

グリーンパーク尾瀬戸倉のトイレ洗面所

小さなお子様連れの場合には、少し大変だとおもいますので、早めの行動をされると、よいかとおもいます。

ごみすて場

缶ビンと燃えるごみは、分別して捨てることができますが、燃えないゴミは、捨てることができないので、持ち帰りとなります。

グリーンパーク尾瀬戸倉ごみ捨て場

グリーンパーク尾瀬戸倉分別ごみ箱

キャンプ場から歩いて行ける人口温泉

キャンプ場に隣接している、尾瀬高原ホテルの大浴場での入浴ができます。

グリーンパーク尾瀬戸倉でキャンプの時に利用できる尾瀬高原ホテルの人口温泉の脱衣場

人工温泉らしいですw

グリーンパーク尾瀬戸倉に隣接する尾瀬高原ホテルの人口温泉成分

利用時間は、13時から翌朝8時まで。

しかも、区画サイトを利用してのキャンプの場合には、利用料金の中に、ホテルの大浴場への入浴料も含まれています。

フリーサイトを利用して、キャンプをする場合には、入浴料が別途必要になり、一人500円のようです。

誰もいなくて、貸し切り状態のお風呂でしたw

グリーンパーク尾瀬戸倉でキャンプの時に利用できる尾瀬高原ホテルの人口温泉の浴室

なので、オートサイトでキャンプをする場合は、、お風呂つきキャンプを楽しめることになりますね^ ^

グリーンパーク尾瀬戸倉から近いスーパーとコンビニ

キャンプ場から、買い出しに行けるスーパーや、コンビニまでの距離がわりとありますので

できれば、キャンプ場に向かう途中で買い物を済ませるか、自宅から食材の準備をしてきたほうが、よいと思います。

キャンプ場から、一番近い買い物ができる場所は、10キロほど車で走ると到着できる、デイリーヤマザキ尾瀬大橋店です。

デイリーヤマザキ尾瀬大橋店からすぐ近くの、スーパーいのうえは、キャンプ場からだと、11キロほどになります。

わが家が今回のキャンプで買い物した場所

わが家は、キャンプ場へ向かう途中、買い物をして、食材の調達をしてから、キャンプ場へチェックインしました。

関越自動車道、沼田インターをおりて、キャンプ場へ向かう道中にある、ベイシア沼田モールへ寄ってから行きました。

ベイシアの他にも、マツキヨとダイソーがあって、便利です。

グリーンパーク尾瀬戸倉 へ向かう途中の食材の買い出し

マツキヨだよーんw

グリーンパーク尾瀬戸倉へ向かう途中の買い物場所

ダイソーもあって、キャンプで使う忘れ物があっても、ここでほぼ揃うはずw

グリーンパーク尾瀬戸倉へ向かう途中のベイシア沼田モールにあるダイソー

このベイシア沼田モール店から、グリーンパーク尾瀬戸倉キャンプ場までは、おおよそ30キロほどの道のりを走ります。

なので、沼田インターを降りてからの下道が、けっこー長かったですw

グリーンパーク尾瀬戸倉へわが家がリピートする確率は?

今回楽しんできた、グリーンパーク尾瀬戸倉でのキャンプ。

わが家的には、こちらのキャンプ場でリピートキャンプしたい確率は、100%でございます^ ^

理由は

通常期の利用では、10時チェックインの16時チェックアウトと、ロングステイのキャンプを楽しめるのが、とてもよかったです。

区画サイトでのキャンプの場合は、ホテルの大浴場への入浴料金が含まれていて、歩いてお風呂に行けるのもよかった。

ほぼ満サイトな状態での利用でしたが、区画サイトは、14区画と小さなキャンプ場なので、それほど、ガヤガヤとしたキャンプではないのがよかった。

そんなわけで、わが家がグリーンパーク尾瀬戸倉へ、またリピートキャンプしたいとおもった理由です。

あっ、それと

ものすごく重要な、マイナスポイントではないけれどw

やはりトイレがキャンプ場内になくて、歩いてホテル内のトイレを利用するのが

キャンプ中、地味にw不便だな~。と、少しおもったことでした。

(・∀・)アヒャ!!