キャンプで便利な食材を使って簡単にメスティン料理を作ってみた

格安キャンプ場, おしゃれキャンプ用品, キャンプ料理

キャンプで楽しみながら作る料理には、ダッチオーブンを使って楽しんでみたり、焚き火の炎を利用して料理を楽しんでみたりと、いろいろとありますよね。

わが家は、一年中キャンプやアウトドアアクティビティを、ファミリーで週末に楽しんでいます。

キャンプで便利な食材を使って簡単にメスティン料理を作った

キャンプで便利な食材を使って簡単にメスティン料理を作ってみた

これからの季節のキャンプでは、やはり温かい食事を食べながら、寒さに負けずに、キャンプを楽しみたいですよねw

つーことで、体が温まる一番簡単にできる料理を、メスティンで作って、固形燃料ストーブも使って、3人分のご飯を炊いてみました。

キャンプで便利に使えるフリーズドライの野菜

簡単便利に使える、フリーズドライの野菜。

キャンプで簡単便利に使える食材のフリーズドライの野菜

このフリーズドライの野菜って、持ち運びにも便利ですし、常温保存ができるので、キャンプでの食事には、かなり便利に使えます。

このての商品は、いろんなものがあると思うのですが、わが家のお気に入りは、楽天で手軽に買える九州ドライベジという商品が、フリーズドライ野菜の中では、わりとおいしいので、よく使っています。

メスティンで作ってみた

今回は、フリーズドライの野菜を使って、メスティンで3人分のお味噌汁を、作ってみました。

SOTOのシングルバーナーにのせて、メスティン料理w

SOTOのシングルバーナーを使ってメスティン料理を作ってみた

メスティンの容量は、850mlなので、3人分のお味噌汁も余裕で作れます(○・`д・)vキリ

メスティン料理は簡単に作れておいしいお味噌汁

お味噌汁のだしも、自宅で簡単便利に使っている、粉末だしをいれまして、手抜きでございます。(^_^;)

九州ドライベジと、まるごとうまみだしを一緒に試せる、お得なセットもあって、キャンプでも、家でも手抜き料理ヾ(°∇°*) オイっ。

そして、みそ汁に使うお味噌は、麦みそと米みそを、てきとーにwブレンドして、わが家では使っているので、自宅で使っている味噌を、ジップロックコンテナ130mlの入れ物に入れて、キャンプ場へ持っていきました。

麦みそと米味噌をキャンプに持っていった

余談ですけど、このジップロックコンテナの130mlの入れ物って、意外と便利に使えるアイテムで、わが家では重宝してます。キャンプに持っていく味噌をジップロックコンテナの130mlに入れていった

そして、メスティンを使ってお味噌汁を作って、出来上がったお味噌汁を、シェラカップへ入れるのに、この長方形のおかげで、お玉などを使わなくても、メスティンの角からそのままシェラカップに、こぼれることなく、入れることができたのが、とても便利でした。

メスティンで作ったみそ汁はお玉がなくてもこぼれることなくシェラカップに入れらた

固形燃料ストーブと固形燃料で3人分のご飯を炊いてみた

25グラムの固形燃料を、2つを使って、キャンプでの朝食にご飯を、3人分炊いてみました。

ポケットストーブに固形燃料を2つ入れて三人分の米を対いてみた

準備としては、前日の夜に、ユニフレームライスクッカーミニへ、2カップのご飯と分量分のお水を入れ、そのまま車の中に入れて保管し、テントに入って寝ましたw

んで、翌朝起きてから、車からライスクッカーミニを取り出して、そのまま、固形燃料でご飯を炊きましたが、おいしく炊けました♪

固形燃料を使ってユニフレームライスクッカーで三人分の米がおいしく炊けた

固形燃料に火をつけてから、だいたい15分くらいしたところで、クッカーから湯気がでてきて、その後しばらくしてから、ライスクッカーの中での音が、パチパチとなってきましたので、火からおろして、蒸らし時間に7~8分ほど放置しました。

固形燃料を使って炊飯した

このポケットストーブと固形燃料を使って、3人分のご飯をライスクッカーミニで炊く。

季節や気温、それに風の状況によっても、炊きあがりの状況は、違うようにも思うのですが・・・

それは、今後の冬キャンプでの楽しみの1つとして、いろんな状況で、これからも試してみたいです^ ^

と、言うことで、キャンプで便利な食材を使って、簡単にメスティンで料理を作ってみり、固形燃料ストーブと固形燃料を使って楽しんだ、ご飯炊きでした。

(・∀・)アヒャ!!