キャンプで楽しむ料理にはユニフレームのちびパンで安くて簡単メニュー

キャンプ, おしゃれキャンプ用品

キャンプで楽しむ料理は、簡単に作ることができて、材料費も安くすむメニューだと助かりますよね。

わが家は、一年中キャンプやアウトドアアクティビティを、ファミリーで週末に楽しんでいます。

炭を熾して、夕食作りに時間をかけて楽しむキャンプも楽しいのですよね。

しかし、たまには、てきとーなキャンプ料理でも、おいしい夕食になるメニューもレパートリーとしてあると、楽ちんキャンプが楽しめますよね。

キャンプで楽しむ料理にはユニフレームのちびパンで安くて簡単メニュー

キャンプで楽しむ料理にはユニフレームのちびパンで安くて簡単メニュー

つーことで、今回はてきとーに、誰が作ってもおいしくて、簡単なキャンプで作る夕食メニュー。

ユニフレームのヒット商品であります、ちびパンを使って、今回は簡単アボカドグラタン。

キャンプ料理を簡単にするには事前の準備が重要

キャンプでの夕食を、手早く簡単においしいキャンプ料理を作るには、キャンプに行く前日などに、ある程度の準備や下ごしらえなどをしていくことが、重要ですよね。

今回キャンプで作ったアボカドグラタンも、次の日のキャンプでの夕食を簡単にするために、前日の夕食メニューにマカロニサラダを1品いれまして、夕食作りの時に少し多めにマカロニサラダを作っておきました^ ^

ちびパンで簡単メニューのアボカドグラタン

で、多めに作ったマカロニサラダは、次の日のキャンプでの夕食時に使う分を取り分けて、茹でたじゃがいもと人参を加えて、塩コショウにオリーブオイルを少し加えて、キャンプ当日の出発まで冷凍保存しておきました。

この前日の準備をすることで、次の日のキャンプ飯で作る、グラタンの具になります。

キャンプでの夕飯でちびパンを使った簡単なアボカドグラタン作りの具

寒い今の時期でしたら、保冷剤なしで、ソフトクーラーボックスの中に入れておけば、キャンプ場に到着して、夕食の準備をするころには、自然解凍になっているとおもいます。

自然解凍されたものを、少し温かい状態にしておきたいので、お湯を沸かし沸騰したら火をとめて、グラタンの具になる材料を鍋のなかに入れ、ふたをして数分放置しておきます。

アボカドグラタンを湯せんで温める

アボカドグラタンの具を沸騰したお湯の中に入れて蓋をする

その間に、アボカド2つをつぶして塩コショウとマヨネーズで、てきとーに味付けしておきましょう。

アボカドをつぶして味付けをする

アボカドの中に、温まったマカロニやじゃがいもの具を入れて、一緒にあえます。

つぶしたアボカドをマカロニなどの具と一緒にあえる

ちびパンをシングルバーナーでよく温めておいて

ちびパンをシングルバーナーで温めておく

料理をしないひなきパパにでもできる、キャンプでの夕食作りのお手伝いをしていただくために

焚き火を楽しみながら、ちびパンの蓋も焚き火で温めてもらいました。

焚き火で温めたちびパンの蓋の持ち手は、熱くなっていますので、うっかり素手で持つとやけどしちゃいますので、気を付けましょう(^_^;)

焚き火でちびパンの蓋を温める

温まったちびパンに、オリーブオイルかバターなどを少し入れて、その中に先ほどアボカドとあえた具を入れ、チーズをのせて焚き火にいれましょう。

アボカドグラタンの具を入れたちびパンを焚き火の中に入れる

焚き火の中に数分入れて、チーズがとけたら、アボカドグラタンの完成です(≧▽≦)

温まったちびパンにアボカドグラタンの具とチーズをいれる

ほうれん草とソーセージの簡単スープ

アボカドグラタンと一緒にいただくスープは、ほうれんそうとソーセージをてきとーに切って、コンソメと一緒に鍋に入れましょう。

ほうれん草とソーセージの簡単コンソメスープ

沸騰したら、お好みで塩や醤油を少し入れて、ほうれん草とソーセージのスープのできあがり。

キャンプに行く前日、家で食べる夕食のメニューを考える時に

次の日のキャンプの夕食に、活用できる夕食を考えて作ったりすると、一度で二度おいしい夕食にもなります^ ^

そして、キャンプで作る夕食作りが楽になりますし、夕食作りの時間短縮にもなって、キャンプでの焚き火を楽しむ時間が増えますので、よいことだらけですね^ ^

キャンプで作る料理ですから、できるだけ焚き火料理や炭を使った料理をすることで、アウトドアの楽しみが増えますが、キャンプ場についてからあれこれと準備が必要なメニューだと週末1泊キャンプでは、いろいろと大変なのでw

できるだけ、焚き火や炭を使う楽しみをなくさずに、簡単な準備でできる、おいしいキャンプ料理が食べれるメニューだと嬉しいですよね(≧▽≦)

ちびパンで簡単アボカドグラタンとほうれん草とソーセージのコンソメスープのできあがり

スキレットよりも、軽くて扱いが便利なユニフレームのちびパンは、調理後もそのままテーブルにだすと、キャンプしてる感が増しますよね。

普段の夕食時には、フライパンで作った料理を、そのままフライパンごとテーブルの上に出すことはできないけれど

ユニフレームのちびパンなら、大きさも一人分なのでキャンプ以外にも、ガスコンロの魚焼きグリルの中に放り込むことができますので

家で使っても、そのままちびパンごと食卓に出せば、少しおしゃれな夕食として、活躍できるかもよヾ(°∇°*) オイっ。

キャンプに行けない休日も、ちびパンを使って夕食作りを楽しんだら、キャンプに行った気分にきっとなるはずw

(・∀・)アヒャ!!

わが家には、ユニフレームのちびパンが4つありましてwキャンプで活躍しています。

ちびパンよりも安くて蓋つきの、ちびパンぽい商品がAmazonには売っていますヾ(°∇°*) オイっ。

キャンプでの焚き火料理を楽しむのに、便利に使った道具の記事はこちら