強風キャンプに雨キャンプ小雪舞い散る突風でタープ倒壊の連泊キャンプ

格安キャンプ場,おしゃれキャンプ用品

キャンプを楽しむには、おそらくどのキャンパーさんも、事前に行くキャンプ場の天気予報を必ず確認することだとおもいます。

キャンプを楽しむ場所によっては、あまり天気予報が、あてにならないような場所もありますよね。

わが家は、一年中キャンプやアウトドアアクティビティを、ファミリーで週末に楽しんでいます。

強風キャンプに雨キャンプ小雪舞い散る突風でタープ倒壊の連泊キャンプ

強風キャンプに雨キャンプ小雪舞い散る突風でタープ倒壊の連泊キャンプ

今回のわが家のキャンプでも、天気予報があまりあてにはなりませんでした
(o゚ω゚)チーン

数十時間のうちに、お天気がころころと変わり、雨、風、突風に、小雪

こんなにも、コロコロとお天気の状況が変わってしまうのは、わが家のキャンプでは、おそらく初めてのことだと、おもいます。

雨があがって、夜には、多少の風はあったものの、家族みんなで焚き火を楽しむことができて、寝袋にはいりました。

ところが、夜中になって、強風の音で目が覚めて、テント大丈夫かな、タープ大丈夫かな・・・

タープのバタつく音が、なんだかとても悪い雰囲気な気もするけどw

寒くて寝袋から出たくないしなぁーヾ(°∇°*) オイっ。

なんて思って、寝袋に入りながら、風の音に少々恐怖を感じていたところ

ものすごい音ともに、真夜中にタープが倒壊しました(o゚ω゚)チーン

その時の風の音がこちらですw

クリックすると音がでますので、音量に注意してください。

夜中のタープ倒壊でよかった

夜中でしたので、テントの中でひなきっこは寝ていましたし、ひなきパパは、外へ行く準備をしている最中でしたので、誰もけがをした人がいなかったのが、不幸中の幸いでした。

タープが倒壊しましたが、タープ下にあった、キャンプ道具が壊れたりしていなかったのも幸いでした。

その後、とりあえず、タープをたたんで、テントの前室にしまい、眠りにつきました。

翌朝は小雪がふってきた

そして、翌朝は、夜中の風の状況から、少し落ち着いたお天気となっていまして、アタクシが目覚めた時には、タープの設営が完了しておりましたw

朝は、小雪がちらつくような状況だったようで、一足先にひなきパパが起きて、タープを設営してくれてましたw

嵐が去ったあとの静かな朝焚き火

そして、嵐が去って、ひと段落したところで、ひなきパパは、朝焚き火を楽しんでいましたとさ。

強風でタープが倒壊してけれども嵐が去ったあとの静かな朝焚き火

夜中に突然、強風となって、あっという間に、突風とともにタープが倒壊してしまった今回の状況。

わが家以外にも、他のサイトでも、タープが倒壊している状況があったり、倒壊しかけているタープを片付けていたりと、夜中の暗い中での大変な作業でした。

(・∀・)アヒャ!!