キャンプとリベンジとシーカヤックマラソン

毎週末キャンプやカヤック遊びを楽しんでいる、わが家ですが(≧▽≦)

今年は春から新たに、キャンプやカヤックと一緒に楽しめる

新しい遊びが仲間入りしましてw

キャンプとリベンジとシーカヤックマラソン

キャンプと一緒に楽しめる釣り

キャンプと釣り、カヤックと釣り。

そう。わが家では、新たに増えたあそびのカテゴリーの、釣りでございます(≧ω≦。)プププ

キャンプっていうのは、いろんなアクティビティと組み合わせて、一緒に楽しめるのがすばらしいですよねw

そんでもって、キャンプと同じで、釣りっていうのも、すばらしく激しいw道具沼でございまして、遊んで楽しいw買って楽しいww
お遊びでございますねヾ(°∇°*) オイっ。

そんな釣りのお話は、おいといてw早速、今回のレポ。

キャンプとリベンジしたこととシーカヤックマラソン

今回のキーワードは、リベンジw

天窓洞にシーカヤックでリベンジ

キャンプと一緒にわが家が楽しんでいる、シーカヤック。

シーカヤックと言えば、天窓洞漕ぐでしょw

んなことは、まったくもってないのですが( ̄◇ ̄;)

天窓洞には、一度漕ぎに行っているのであります。

しかし、期待しすぎて漕ぎに行ってしまった、前回は、想像していた、神秘的なイメージの天窓洞とは、ほど遠い、天窓洞漕ぎでございました。(≧ω≦。)プププ

季節によって違う天窓洞?

前回はきっと、漕ぎに行った季節が悪かったのよね。

ですから、前回の残念感を抱いたままでは、天窓洞に申し訳ありませんのでw

神秘的なイメージ通りの、天窓洞をみる。リベンジ漕ぎへと行ってまいりました。

前回の出艇より、少し時間を遅めにしつつ、堂ヶ島マリンからの、遊覧船が出航する前に、天窓洞へ漕ぎ漕ぎしました。

天窓洞にカヤック漕ぎ

で、天窓洞へ到着w

天窓洞にカヤック漕いで到着

そして、前回とは違う、中央の天窓から太陽の光が、洞窟内にさしこんでくる、神秘的な天窓洞を期待して、中へ突入。

天窓洞よwなんなんだー

んがー、しかしながら、前回同様、まったくもって、神秘的イメージとは、ほど遠い、感動しない風景に遭遇いたしました(o゚ω゚)チーン

なんなんだーーーー

前回とおんなじじゃんかよヾ(°∇°*) オイっ。

前回同様の景色に、天窓洞の中で、発狂したのは、言うまでもありません。

怒りで手が震えw

ピンボケの写真でございます♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(o≧▽≦)o キャハハ☆♪

天窓洞の中をシーカヤックで

天窓洞入口

天窓洞の天窓

天窓洞はシーカヤックで行ける時間に問題か?

でさ、おもったんですけどね、カヤックで天窓洞に入れる時間帯って、遊覧船が動きだす前の早朝か、もしくは、遊覧船の営業が終わった後になるじゃないですか。

その時間帯って、洞窟の中に太陽の光が完全に入る時間帯ではないので、いつ行っても、こんなんじゃないかと、悟ったわけですよw今回

つーことはさ、カヤックで天窓洞に漕ぎに行っても、堂ヶ島マリンのホームページにあるような、頭上から光がさしこんで、遊覧船を照らすような状況にはならない。ってことですかねw

かと言って、昼間の時間帯にこの天窓洞に、カヤックで進入することは、遊覧船の邪魔になりますから、できませんしね。

天窓洞の奥は、こんな感じでございまして、旅館やら、車なども見ることができます。

♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(o≧▽≦)o キャハハ☆♪

天窓洞の奥

つーことで、天窓洞へリベンジ漕ぎしましたが、前回とあまりかわらない状況でございました。

すてきな天窓洞を見てみたい人は、堂ヶ島マリンの遊覧船に乗って洞窟めぐりをどーぞw

所要時間20分で、乗船料は大人1,200 円・子供600 円なりw

すてきな天窓洞ではないけれどw漕いで楽しい、天窓洞を満喫したい方は、シーカヤックでどーぞw

天窓洞にカヤック漕ぎ満喫

岩地シーカヤックマラソン

そうそう、今年は、シーカヤックマラソンにもひなきっこと、ひなきパパが出場しましたね。威張れるような順位ではないけれどw

無事に完漕いたしまして、よかったですな^ ^

岩地シーカヤックマラソン

シーカヤックマラソンのスタート

そんでもって、アタクシは、そーいうの興味ないんでw応援参加のみでした。

二人がレースに出場しているあいだ、カヤッカーがいなくなったw岩地の海を一人漕ぎして楽しんでおりました(≧ω≦。)プププ

岩地でシーカヤック

(・∀・)アヒャ!!

伊豆のキャンプ情報のレポはこちらから