冬のキャンプ準備を開始したわが家に新しくきれいになって到着したもの

2020年8月30日格安キャンプ場,おしゃれキャンプ用品

平地では、夏の暑さがまだまだ続いている今日この頃ですが、そろそろ冬のキャンプ準備を少しずつはじめて、今年も楽しい冬キャンプを満喫したいと考えているわが家ですw

わが家は、一年中キャンプやアウトドアアクティビティを、ファミリーで週末に楽しんでいます。

冬のキャンプ準備を開始したわが家に新しくきれいになって到着したもの

冬のキャンプ準備を開始したわが家に新しくきれいになって到着したもの

標高の高いキャンプ場で楽しむキャンプでは、そろそろ夏の軽装備のままで、テントの中で眠りにつくには、わりと肌寒くなってきていますよね。

先日のキャンプでは、インナーテントをすべてメッシュ状態にしたままで寝ていたら、夜中にかなり寒くて目が覚めてしまいましたw

2020年のお盆休みは特別な夏

2020年のお盆休みは、東京都在住のわが家は、「特別な夏」でした。

小池都知事が、8月初めに記者会見で言われた

お盆や夏休み期間は、都外への旅行や帰省、夜間の会食、遠くへの外出を控えるよう改めて呼びかけをされたのを受けて

やっぱりねw
そーなるとおもっていたわよ(^_^;)

って、ことで

ゴールデンウィークにつづいて、さらに7月の連休に続いて

楽しみにしていた、毎年わが家の恒例となっている、お盆休みに楽しむ、夏のキャラバンキャンプにも、行くことができない、決定的瞬間でした(o゚ω゚)チーン

夏のキャラバンキャンプで予約していた、いくつかのキャンプ場のうち

オンライン決済でしか予約ができない、キャンプ場の予約をしておりまして、そのキャンプ場だけが、2週間前からのキャンセル料発生となっており

そのキャンプ場だけは、連泊分のキャンセル料金が発生して、そのままキャンセルをしたと同時に、キャンセル料がクレジット決済されました。

他に予約していたキャンプ場は、3日前からと、前日キャンセルの場合は、キャンセル料が必要だったので、こちらは、キャンセル料が発生せずに、キャンセルができました。

つーことで、お盆休みの予定していたキャンプ場での、キャラバンキャンプに行くことができなくなってしまいましたので

この時期にしかできない、冬キャンプの準備をはじめましたw

わが家が一番最初にはじめた冬キャンプの準備

つーことで、わが家が今年一番最初に冬キャンプの準備をはじめたのは

キャンプをはじめてから、長年愛用している、モンベルのシュラフの洗濯です(≧▽≦)

ひなきパパとひなきは、モンベルの寝袋#0を使っていて、ひなきっこは、モンベルの寝袋#2を使っています。

テントクリーニング.comで寝袋を洗ってもらう

ほぼ1年中、このシュラフを使ってキャンプをしているので、夏に洗って、きれいなシュラフの状態で保管しておいて、冬キャンプを楽しみたいなぁ~

と、おもいまして、寝袋の洗濯をしてもらいました。

テントクリーニング.comで寝袋を洗ってもらう

寝袋の洗濯は、専用の洗剤を使って、自分で洗うキャンパーさんもいるかとおもいますが

わが家は、寝袋を洗うだけではなく、いろいろと加工をしてもらいたかったので、テントクリーニング.comさんで洗ってもらうことにしました。

テントクリーニング.comさんで寝袋をクリーニングしてもらってみた

テントクリーニング.comさんには、わが家のTCタープも以前、洗ってもらったい、とてもきれいにしていただきましたので

寝袋のクリーニングもしている、テントクリーニング.comさんに、わが家の3つの寝袋のクリーニングをお願いしました。

テントクリーニング.comの寝袋・シュラフクリーニング

テントクリーニング以外にも、寝袋やアウトドアウェアのクリーニングもしている、テントクリーニング.comさん。

寝袋・シュラフクリーニングについて

封筒型・マミー型、ダウンシュラフなどに対応したこだわりクリーニング

寝袋・シュラフの型や素材に合わせたクリーニング方法を取っているので安心してお任せください。

汚れが蓄積してふんわり感がなくなったダウンも蘇ります。
シュラフの保温力は嵩が重要です。

専用の保管用バッグをプレゼント致しますので、シュラフ袋から出して、保管バッグに圧縮せずに保管してください。

生乾きの臭いやカビもお任せ

汗や結露で湿った寝袋をそのまま保管してしまって臭いがする寝袋もお任せ下さい。

しっかりクリーニングして完全乾燥することで臭いを軽減させます。
特に臭いが気になる方は、臭いの原因になる汗の成分を効果的に落とす汗抜き加工を一緒に注文することをオススメします。

自然乾燥と乾燥機を使ったダブル乾燥工程で安心して保管できる状態にしてから出荷しています。

ダニ除去と保温力を蘇らせる

自然乾燥でしっかり芯まで乾燥させた後は、高温処理乾燥でダニを死滅させます。

更にドラム式乾燥機なのでほこりや死滅したダニを取り除きます。
もちろん羽毛や綿などの素材が縮んだりしない温度で行いますのでご安心ください。

家庭洗濯では味わえない仕上がりとシュラフの保温力を戻します。

汗抜き加工と超撥水加工

臭いの原因になる汗の成分を分解する汗抜き加工と結露などで湿ってしまうことを防ぐ超撥水加工はオススメです。

当社は防水ではなく撥水を施すので通気性を損なわず水滴をはじく機能を持っていますのでご安心ください。

加工剤はすべて高品質なツー・エム社製品を使用しています。

と、いうことで、いろんな加工をオプションで追加することができるのが、とても嬉しいですよね。

寝袋のクリーニング料金

寝袋を洗うだけでしたら料金は

化繊の寝袋が3,520円(税別)・ダウンの寝袋4,180円(税別)となっています。

これに、追加したい加工を選ぶと、1つにつき、1,060円(税別)の加算となっていきます。

わが家の3つの寝袋をクリーニングしてもらった料金

わが家が使っているモンベルの寝袋は、化繊の寝袋なので、クリーニング料金は、1つ3,520円。

クリーニングと一緒にオプションで、それぞれ、汗抜き加工、超撥水加工をお願いしました。

家族3人分の、寝袋クリーニングをお願いしました料金は

税込み18,612円となりました。

テントクリーニング.comで寝袋を洗ってもらった時の料金

そして今回、テントクリーニング.comさんのご厚意により、家族3人分の寝袋のカビ防止加工を、サービスしていただいたうえに

テントクリーニング.comで寝袋を撥水加工や汗抜き加工を追加した

テントクリーニング.comさんのシェラカップと、ステッカーも一緒に、サービスとしていただきました。

テントクリーニング.comで寝袋を洗ってもらったらシェラカップとステッカーもサービスしてくれた

テントクリーニング.comで寝袋を洗ってもらったシェラカップ

テントクリーニング.comさん、ありがとうございました^ ^

テントクリーニング.comから新品のようになって戻ってきた寝袋

で、テントクリーニング.comから戻ってきた、わが家の寝袋。

寝袋を袋から出してみて、寝袋の色がとても鮮やかになっているのに、かなり驚きました。

今まで使っていた寝袋が

ものすっごく、汚れていたことがよくわかりましたww

テントクリーニング.comから戻ってきた、わが家の寝袋

そして、寝袋の化繊の量が増えたような感じになり、かなりふかふかな寝袋になっていました。

テントクリーニング.comから戻ってきた寝袋が新品のようにふかふかになっていた

まるで、新品の寝袋を購入したかのような感じにまでなって、戻ってきてくれたので

この冬のキャンプでは、寝袋の暖かさも、きっとかなりよくなっているとおもいますので

新品同様な雰囲気を醸し出しているwこの寝袋を、冬キャンプで使うのが、とても楽しみです。

つーことで、わが家の冬キャンプ準備として、テントクリーニング.comさんを利用して、愛用している寝袋をクリーニングしました。

(・∀・)アヒャ!!