電源付きサイトの割安なキャンプ場で楽しんだ連泊のファミリーキャンプ

格安キャンプ場,おしゃれキャンプ用品

電源のあるサイトでのキャンプは、便利なので、これからの季節は、大活躍するキャンプサイトですよね。

わが家は、一年中キャンプを楽しんで、キャンプと一緒に楽しむ、カヤックや釣り、それに登山などのアウトドアアクティビティも、ファミリーで週末に楽しんでいます。

キャンプ用品のお買い物や、カヤックや釣り、登山用品のお買い物も、一年中楽しんでいますw

電源付きサイトの割安なキャンプ場で楽しんだ連泊のファミリーキャンプ

電源付きサイトの割安なキャンプ場で楽しんだ連泊のファミリーキャンプ

田立の滝オートキャンプ場でのキャンプレポ前編はこちら

今回の記事では、田立の滝オートキャンプ場のサイトや、近くの温泉などについてです。

田立の滝オートキャンプ場利用料金

田立の滝オートキャンプ場の利用料金は、電源利用料金込みで、1泊税込み5500円でした。

田立の滝オートキャンプ場の管理棟

チェックイン時間は、午前11時
チェックアウト時間は、午前10時

午前中にチェックインができて、電源付きのサイトで料金5500円は、個人的には、割安なキャンプ場利用料金設定だとおもいます。

田立の滝オートキャンプ場サイト情報

オートサイトは、管理棟を挟んで、上段サイトと下段サイトに、大きく分かれています。

田立の滝オートキャンプ場サイト図上段

サイトの広さは、上段にあるサイトの方が、わりと広いサイトが多いです。

下のサイトは、上のサイトよりも、若干狭めなサイトが多いいです。

田立の滝オートキャンプ場サイト図下段

場所によっては、けっこー狭いねwって、感じのサイトもありましたが

ツールームテントとタープを張ると、少し窮屈だけど、なんとか焚き火スペースの確保はできるかね。って感じのサイトが多かったかな。

わが家は、ツールームテントを利用していないので、テントとタープに焚き火スペースで、問題なく利用できました。

サイト地面と通路状況

サイトの地面は、小砂利と土がほとんどですが、芝生というか雑草のようなものも少しありましたヾ(°∇°*) オイっ。

場内の通路は、舗装されていますので歩きやすいです。

田立の滝オートキャンプ場の舗装された場内通路

下段サイトから歩いて行ける川あそび場

下段の41番サイト横に、小さな川に行ける道がありますので、木立の道を少し下っていくと、小川があります。

こちらは、木が多くて、あまり日差しがなく、水もかなり冷たくて、川遊びした冷えた体を、日光浴することができないので、かなり寒くて
ひなきっこも、寒すぎるwって言ってました。

なので、大滝川での川遊びのほうが、川に入ったり出たりしながら、長く川遊びを楽しめます。

田立の滝オートキャンプ場施設情報

炊事場

炊事場は、上のサイトの1つと下のサイトに1つあります。

田立の滝オートキャンプ場の炊事場

お湯の蛇口があったのですが、お湯は出ませんでしたw
水だけの炊事場になります。

トイレ

トイレは、ウォシュレットなどはありませんが、洋式のトイレでした。

トイレの手洗い場には、鏡もついていました^ ^

トイレの手洗い場には鏡がある

ごみすて場

ごみは分別して、捨てて帰ることができます。

シャワー室

管理棟にシャワー室がいくつかあります。

シャワー室入口

料金は、3分100円で利用できます。

田立の滝オートキャンプ場のシャワー室

脱衣場も広めでした。

滝オートキャンプ場のシャワー脱衣場

シャワーを利用しましたが、水圧も問題なく利用できました。

滝オートキャンプ場のシャワー室内

ドライヤーを持参すれば脱衣場で使うことができますので、ありがたいですね。

キャンプ場周辺情報

温泉

田立の滝オートキャンプ場から少し距離がありますが、16キロほど車を走らせますと、中津川温泉 クアリゾート湯舟沢がありましたので、温泉に入りにいきました。

プールやレストラン、子どものあそび場にコミックコーナー、ラウンジや休憩室などなど、いろいろとあって、すごい立派な施設でした。

入浴料金は、利用日によって違います。

平日中学生以上600円・3歳から小学生300円
休日中学生以上900円・3歳から小学生600円
ハイシーズン1,000円・3歳から小学生700円

これだけいろいろあって、ハイシーズンでも中学生以上の利用料金が、1,000円で利用できるのは、個人的には、それほど高くないようにおもいます。

せっかくなので、温泉後にレストランで夕食を食べて、らくちん手抜きキャンプw

おいしい夕食をいただきました^ ^

余談ですけど、数年前に田立の滝オートキャンプ場を利用した時には、こちらの中津川温泉 クアリゾート湯舟沢ではなく

秘湯っぽいかんじのwあららぎ温泉を利用したのですが

こちらの温泉は、入浴料金も安くてよかったのですが、脱衣場にエアコンもない状況で

湯上りがむちゃくちゃ暑くて、汗が引かなくて、せっかく温泉に入ったのに、なんか気持ち悪いなぁ~(^_^;)

って、思い出がありましたwww

今年は、こちらの温泉を利用していないのですが、現在はコロナの影響で営業しているかは不明なので、行かれる方は営業状態の確認を。

 

キャンプ場から近いスーパー・買い物

食材などの買い出しに行ける場所は、キャンプ場から6キロほどの場所に、道の駅きりら坂下とショッピングセンターサラが、同じ敷地内にあって、一番近くて食材や日用品などが揃っている便利な買い物場所です。

田立の滝オートキャンプ場のお気に入りポイント

数年前から、何度か利用して、わが家のお気に入りキャンプ場の1つになりました、田立の滝オートキャンプ場。

田立の滝オートキャンプ場のお気に入りポイント

わが家的、田立の滝オートキャンプ場のお気に入りポイントは

・きれいな川で、川遊びキャンプが楽しめるのがお気に入り♪

・釣り堀もあって、釣りを楽しめるのがお気に入り♪

・サイトには電源もあって、割安な料金がお気に入り♪

・管理人さんがわりとアバウトで、いい人なのがお気に入り♪

と、こんな感じの、わが家的なお気に入りポイントです。

そして、今までは興味がなかったのですが

今年から登山をはじめたことによって、こちらの田立の滝オートキャンプ場から行ける、田立の滝の滝めぐりトレッキングもしてみたいとおもいました。

田立の滝とは・・・

うるう滝、らせん滝、洗心せんしん滝、霧ヶ滝、天河てんが滝、不動滝、そうめん滝等、大滝川の峡谷にかかる無数の瀑布を総称して「田立ただちの滝」と呼んでいます。

昭和49年に長野県の名勝に指定されています。

壮大な滝の流れは周りの緑ともかね合い、神秘的で感動的です。特に主瀑である天河滝の、高さ40mの花崗岩壁のてっぺんから大滝川本流が崩れるように落ちる様はまさに圧巻で、かつて里人たちがこの天河滝を神聖視し、雨乞い神事を奉るとき以外は登らなかったというのにも頷けます。

散策や森林浴を楽しみながらゆったりとおくつろぎください。2020年3月27日 中央アルプス国定公園に指定されました。

なので、次回こちらのキャンプ場でキャンプをする時には、ぜひ田立の滝まで、行ってみたいとおもいます。

(・∀・)アヒャ!!