徳澤キャンプ場で楽しんだ氷点下キャンプと目の前にみる穂高連峰の山々

格安キャンプ場,おしゃれキャンプ用品

キャンプや登山、アウトドアアクティビティを楽しんでいると、キャンプを楽しむ場所や、目的によって、いろんな出会いや、発見もあったりして、楽しいですよね。

わが家は、一年中キャンプを楽しんで、キャンプと一緒に楽しむ、カヤックや釣り、それに登山などのアウトドアアクティビティも、ファミリーで週末に楽しんでいます。

キャンプ用品のお買い物や、カヤックや釣り、登山用品のお買い物も、一年中楽しんでいますw

キャンプやアウトドアアクティビティを、一年中ファミリーで、週末に楽しんでいたわが家ですが

都内在住のわが家は、緊急事態宣言が再度発令された現在は、週末の休日を、不要不急の外出を控え、Stay Home(ステイホーム)おうちにいよう。おうちで楽しもう。です。

と、いうことで、上高地で楽しんできたキャンプレポ後編です。

徳澤キャンプ場で楽しんだ氷点下キャンプと目の前にみる穂高連峰の山々

徳澤キャンプ場で楽しんだ氷点下キャンプと目の前にみる穂高連峰の山々

今回の上高地でのキャンプは、わが家がキャンプだけしかやっていなかったら、おそらく上高地にわざわざキャンプだけをしに、行こうとも思わなかった場所ですw

キャンプと一緒に楽しむ登山をはじめていなかったら、上高地にキャンプをしに行くことがなかった場所だとおもいます。

登山をはじめたおかげで、今までのキャンプでは見ることのできない、すばらしい景色を楽しみながらキャンプができるのが、嬉しいです。

河童橋から徳澤キャンプ場までのルート

今回わが家は、徳澤キャンプ場へ行くルートとして、河童橋をスタートして、小梨平キャプ場を経由して、明神地区を目指して歩いて行きました。

この明神まで行くには、2つのルートがあるのですが

1.河童橋を渡って、木道などで整備された道を歩いて行ける、明神池側を通り、明神橋を渡って、徳沢地区に入るルート

2.河童橋を渡らずに、小梨平キャンプ場を通って、明神館を通り徳沢地区に入るルート

小梨平キャンプ場でのキャンプや、徳沢横尾地区でのキャンプをしたり、登山者などは、おそらく2のルートで行く場合が多いかとおもいます。

河童橋から明神館までの道の状況

2のルートは、道は整備されていませんが、距離が短いのでww

1のルートは、明神池まで、道も木道などで整備されていて、おそらく観光客向けのルートだとおもいました。

河童橋を渡った明神館までのルートの木道

わが家は、行きは2のルートで行き、帰りは、明神橋を渡って1のルートで帰ってきました。

小梨平キャンプ場

小梨平キャンプ場を通過しましたww

上高地にある小梨平キャンプ場

キャンプ場自体は、とても広いのですが、8月にクマに襲われた被害があったので、一部のみの利用再会となっていました。

小梨平キャンプ場の場内

小梨平キャンプ場でしたら、バスターミナルから歩いて10分ほどで到着できるので、キャンプ道具が多少重くても、ザックに入れて背負い、ファミリーで上高地キャンプを楽しめるのではないでしょうか。

明神館

小梨平キャンプ場を通過して、その後は、約2.5キロ先にあります、明神館でのトイレ休憩を目指して歩きますw

小梨平から、明神館までの道は、平坦で歩きやすい道で、明神館に近づくにつれて、景色もみえてきます。

明神までの道のりで見れた景色1

明神までの道のりで見れた景色2

河童橋をスタートして、この明神館まで、約45分ほどで到着することができました。

明神館の建物

明神岳がきれいにみえます。

明神岳

この先600メートルほどあるくと、明神橋を渡って、明神池があるようですが

帰りに時間があれば、明神池まで行ってみよう。

と、いうことになり、行きはでは、寄りませんでした。

明神池の案内看板

そして、明神館とは、上高地にある宿泊施設ですが、1階には売店があったり、食事をすることができます。

明神館の建物

食事メニューは、いろいろとありますね。

明神館のお食事メニュー看板

そして、お値段が少々高くなってきました、明神館前にある自動販売機w

明神館の前には、とてもきれいな入口の公衆トイレがありました。

ひなきは利用していませんが、ひなきパパが、こちらのトイレを利用したのですが、中もとてもきれいだった。と言っていました。

こちらのトイレは、無料で利用できるみたいで、チップボックスなどの設置はありませんでした。

明神で、5分ほどトイレ休憩をして、徳沢を目指して出発しました。

明神から徳沢の案内看板

明神地区から徳沢地区までの絶景

明神から徳沢までは、3.4キロほどの道のりになりますが、この地区の道のりは、景色がとてもきれいで、お天気もとてもよかったので、歩いていて、とても楽しかったです。

歩いている道の状況も、それほど大変な道ではありませんでした。

景色がよすぎると、ただただ、キャンプ地を目指して、重い荷物を背負って歩いているだけなのに、とっても楽しい(≧▽≦)

明神から徳沢までの絶景

徳沢までの道のりで見れた景色

穂高連峰の景色

上の方から、わりとたくさんの水が流れ出ているので、人ひとりが歩いて行けるような、丸太が掛かっていたり

山の上からの湧き水で丸太が掛かっていた

山の上からの湧き水で丸太が掛かっていた

山の上からの湧き水で丸太が掛かっていた

そして、鏡のような水面に映る、青い空と木々を見た時には

その美しさと、何とも言えない神秘的な雰囲気に見とれてしまい

時間を忘れて、いつまでも眺めていることができるくらい、綺麗でした。

鏡のような水面に映る木々

綺麗な水面に映る青い空と木々

きれいな水面にうつる景色

しばらく歩くと、橋の上では、氷が張っていて、ツルツルと滑りやすくなっていたり

橋の上に氷がはっていた

前日降った雪が残っていたりと

前日ふった雪が残っていた

明神から徳沢までの歩いた時間は、おおよそ1時間ほどでしたが

この歩いた1時間のなかで、いろんな自然の状況を楽しませてもらいました。

梓川と穂高連峰

徳澤園

と、いうことで、今回の目的地の徳澤キャンプ場へ到着できました。

徳澤園

こちらの徳澤園は、宿泊施設、キャンプ場、それと食堂とお土産ショップなどがあります。

徳澤キャンプ場の受付

キャンプ場の受付は、徳澤園の入口に、キャンプ場届証の記載用紙があるので、必要事項を記入してから、徳澤園で受付をします。

徳澤園の入口でキャンプ場の受付用紙に記入

徳澤キャンプ場のサイト案内図

徳澤園の中は、とても素敵でした

徳澤園の入口玄関

徳澤園の入口玄関

入口の横には、お土産などが売っている、小さなショップがありました。

徳澤園のお土産ショップ

徳澤キャンプ場利用料金と場内状況

キャンプ場の利用料金は、幕営代として、大人1人800円・小人(小学生まで)1人500円・3歳児以下は無料となっていました。

徳澤園で利用手続きを済ませると、針金のついた、届け出済みの紙が貰えるので、テントにぶら下げておきますw

徳澤キャンプ利用証

場内は、きれいな芝になっていて、ほんの少し傾斜がありましたが、ほとんど問題ないレベルです。

徳沢キャンプ場のきれいな芝の場内

徳沢キャンプ場の場内

ハイシーズンには、このきれいな芝の上に、たくさんのテントが並ぶのかとおもいますが

10月下旬の、しかも日曜日のチェックインでしたので、キャンプ場には、数組しかいませんでした。

こんな激安な料金でキャンプが楽しめて、目の前にはきれいな川が流れていたり、キャンプ場のどの場所からも見ることができる、明神岳と前穂高岳。

徳澤キャンプ場前に流れる川

徳澤キャンプ場前の川

この景色をみながら楽しめるキャンプは最高です♪

徳澤キャプ場からの眺め2

徳澤キャプ場からの眺め

ちなみに、この徳澤キャンプ場には、ほぼ手ぶらでキャンプが楽しめる、ぶらキャンというプランがあって

徳沢キャンプ場ぶらキャンのウエルカムボード

利用料金は、24,000円から44,000円となっていました。

ぶらキャン利用だったら、普段オートキャンプを楽しんでいるキャンパーさんが、わざわざULキャンプ道具を揃えなくても

重い荷物を背負ってこなくても、上高地の景色を楽しみながら、キャンプが楽しめるのでよさそうですね。

ぶらキャン用の、常設テントが張ってありました。

徳澤キャンプ場の常設テント

徳澤キャンプ場に設営完了

今回は、寒さ対策で、テントの中に敷物を敷きたくて、ザックにつめて持ってきました。

普段のキャンプで使っている、コールマンのマルチパーパスブランケットのLサイズ1枚を

マジックマウンテンのポンプスタッフバッグの中に入れて、持ってきました。

マジックマウンテンのポンプスタッフバッグ

マジックマウンテンのポンプスタッフバッグは、少し圧縮もできるので、マルチブランケットLを小さくしてザックにつめて持ってこれました。

袋に空気を入れて使うポンプもなるので、インフレータブルマットを膨らませるのにも、便利だと思ったのですが、それほど便利ではありませんでしたwww

徳澤キャンプ場施設

徳澤キャンプ場の施設は、とってもシンプルです。

トイレ

トイレは、無料の公衆トイレと有料のトイレがあります。

無料のトイレは、キャンプ場からだと、100メートルくらいですかね。たぶんw

徳澤キャンプ場前にある公衆トイレ

公衆トイレですが、とてもきれいなトイレでした。

有料トイレは、徳澤園のみちくさ食堂横にあります。

徳澤園のみちくさ食堂横にある有料トイレ

利用時間は、7:00から19:30までとなっており、利用料金は1回100円でした。

炊事場

きれいな炊事場でしたが、水がものすごく冷たかったです。

みちくさ食堂でティータイム

設営完了後は、テント内で、持ってきたコンビニおにぎりを食べたのですが、せっかくなので、みちくさ食堂にいって、ティータイム。

みちくさ食堂入口

みちくさ食堂は、ソフトクリームが有名なようですが、寒いのでw

徳澤園オリジナルピザとカフェラテを注文。

みちくさ食堂の食券

徳澤園オリジナル釜焼きピザは1300円

徳澤園オリジナル釜焼きピザ

カフェラテは、一杯600円の高級なティータイムヾ(°∇°*) オイっ。

みちくさ食堂で飲んだカフェラテ

ピザもカフェラテも、とてもおいしかったです^ ^

食堂内は、ストーブがあって、とても暖かったです。

みちくさ食堂の薪ストーブ

新村橋へお散歩

みちくさ食堂でのティータイムのあとは、徳沢から歩いて20分ほどで行ける、新村橋までお散歩をしに行きました。

本当は、横尾野営場まで下見を兼ねて、歩いて行く予定でいたのですが、みちくさ食堂でのんびりティータイムをとってしまったので

横尾までの往復時間を考えると、帰りの時間には暗くなってしまい、暗がりの中、熊にでも遭遇してしまったらこわいので(^_^;)

今回は、横尾野営場まで行くのをやめて、新村橋へのお散歩に変えましたw

新村橋に到着w

新村橋の案内看板

わりとスリリングな橋でしたが

橋の上からみる景色もすてきでした。

新村橋を渡って

新村橋からのみた川

新村橋からみた景色

そして橋を渡って歩いて行くと

屏風のコル・涸沢の案内板を見て新村橋に戻る

屏風のコル・涸沢の案内板がありますので

屏風のコル・涸沢の案内

案内をみて、新村橋に戻りますwww

蝶ヶ岳の登山口

新村橋からの散歩から帰ってきて、今度は、蝶が岳の登山口が、徳澤園の右側にありますので、せっかくなので登ってみますw

徳澤園横にある蝶ケ岳の登山口

登山口のはじめから、すごい急登です(^_^;)

燕岳の7時間半の登山を思い起こさせるような雰囲気ですw

蝶ヶ岳登山口に入って、5~6分ほど登ったところからの景色w

徳澤から蝶ケ岳の登山口に登って5分くらいの場所からの景色

そして、下りてきましたw

いつか、蝶ヶ岳にも登ってみたいとおもっていますが、この登山口から登るには、けっこう大変そうなので、別の登山口から行きましょうかね(≧ω≦。)プププ

テントに戻ってきてコーヒータイム

徳沢地区の周遊も終わって、テントに戻ってきたら16時でした。

徳澤キャンプ場での夕方

テントに戻ってきた時間と気温

気温もかなり下がってきたので、コーヒー飲んで暖まながら夕食の準備

飛騨牛入りハンバーグと徳澤園おでんで夕食

夕食は、メスティンでご飯を炊いて、インスタントのほうれん草とベーコンのスープ

それに、河童橋の横にある、五千尺ホテルの売店で購入した、飛騨牛入りハンバーグを、湯せんで温めて

徳澤園に予約していた、おでんを受け取りに行って、ひなきパパのビールを自動販売機で購入し

徳澤園のおでんと自動販売機で購入したビール

メスティンの蓋をお皿代わりに使って、夕食準備の完了です。

コールマンのマルチパーパスブランケット1枚だけの上に、インフレータブルマットを敷いて座っていると、下からの寒さがあったので

食事の時は、ひなきの寝袋、モンベルのバロウバッグ#1を全開に広げて、座りましたw

これ、意外と地面からの寒さ対策になって、よかったです。

徳澤キャンプでの夕食は飛騨牛入りハンバーグと徳澤園のおでん

おいしくいただいた、夕食でした^ ^

夕食を食べ終わった頃には、外気温がマイナス1.2度となっていました。

夕食を食べ終わった頃の時間と気温

その後、食事の後片づけとテント内の片づけをして、寝袋に入る前に、星空を見に、テントの外へ。

月は満月できれいに見えましたが、キラキラと輝く星空を見ることはできませんでしたが、それでも少しだけ、星を見ることができましたので、午後9時ごろには、シュラフに入って寝ました。

氷点下のキャンプでも寒くなく眠れて暑かった

この徳澤キャンプで、新しくデビューしたキャンプ用品が、ひなきパパの新しいシュラフです。

モンベルのダウンハガー800 ハーフレングス #1をマイナス3度のキャンプで使ってみた

購入したシュラフは、軽くて、安くて、暖かい

モンベルのダウンハガー800ハーフレングス#1です。

使ってみた感想や、寝ていた時の服装などを詳しく書いたレポはこちら

テントも凍っていた翌朝

翌朝は、外気温マイナス2.7度、テント内は0.8度でした。

徳澤キャンプでの氷点下の翌朝

テントも凍っていました(^_^;)

氷点下のキャンプでテントも凍っていた

葉っぱもこんな感じに、真っ白

徳澤キャンプ場の、常設テントも凍っておりましたw

寝袋から出て、トイレに行ったり、着替えたりしていたら、テント内は2.7度まで温度が上がっていましが、外気温はマイナス3度にwww

氷点下3度のキャンプでの朝

明神岳と前穂高岳のモルゲンロート

そして、少し出遅れてしまいましたが

明神岳と前穂高岳の美しいモルゲンロートを見ることができました。

明神岳と前穂高岳のモルゲンロート

あの、こんなスマホカメラで撮った写真だから、このアタクシの写真からは、実際に見たモルゲンロートの山の美しさが、全く伝わらないのが、とても残念でなりませんw(o゚ω゚)チーン

徳澤キャンプ場でキャンプをしていた、キャンパーさんのほとんどが、手にカメラやスマホを持って、この景色をみに、徳澤園の前に、みんな集まっていました。

このきれいすぎる景色に、最高の1枚を撮ろうと

一眼レフカメラで写真を撮っている人、デジカメで撮っている人、スマホカメラで撮っている人など、みなさん寒さを忘れて、たくさんの写真を撮っていました^ ^

こうなると、やはりよいカメラとか、欲しくなってしまうんですかね(^_^;)

でも、アタクシはこれ以上、荷物は増やしたくはないので、スマホカメラだわwww

上高地観光編へつづく